高橋英樹

(たかはし ひでき/資料基礎研究系・教授)


 採集風景

専門:植物分類学

所属学会:日本植物学会、日本植物分類学会、日本花粉学会、植物分類地理学会、日本生態学会、アメリカ植物学会、韓国植物分類学会、国際植物分類学連合など

研究テーマと主な業績:

I. 植物の形態進化と分類システム

Ia. 花粉

Takahashi, H. (1979) Pollen development in Chimaphila japonica Miq. (Pyrolaceae). Sci. Rep. Tohoku Univ. IV. (Biol.) 37: 263-272.

Takahashi, H. and Sohma, K. (1980) Pollen development in Pyrola japonica Klenze. Sci. Rep. Tohoku Univ. IV. (Biol.) 38: 57-71.

Ohashi, H. and Takahashi, H. (1981) Pollen morphology of Vigna angularis (Leguminosae). Bot. Mag. Tokyo 94: 177-180.

Takahashi, H. and Sohma, K. (1982) Pollen morphology of the Droseraceae and its related taxa. Sci. Rep. Tohoku Univ. IV. (Biol.) 38: 81-156.

Takahashi, H. and Sohma, K. (1984) Development of pollen tetrad in Typha latifolia L. Pollen Spores 26: 5-18.

Takahashi, H. (1986) Pollen morphology of Pyrola and its taxonomic significance. Bot. Mag. Tokyo 99: 137-154.

Takahashi, H. (1986) Pollen polyads and its variation in Chimaphila (Pyrolaceae). Grana 25: 161-169.

Takahashi, H. (1987) Pollen morphology and development of Orthilia secunda (L.) House. Journ. Fac. Agr. Hokkaido Univ. 63: 145-154.

Takahashi, H. (1987) Pollen morphology and taxonomic position of two Taiwanese Pyrola: P. alboreticulata Hayata and P. morrisonensis Hayata. J. Phytogeogr. & Taxon. 35: 118-122.

Takahashi, H. (1987) Pollen morphology and its taxonomic significance of the Monotropoideae (Ericaceae). Bot. Mag. Tokyo 100: 385-405.

Takahashi, H. (1988) Ontogenetic development of pollen tetrads of Drosera capensis L. Bot. Gaz. 149: 275-282.

Takahashi, H. (1988) Pollen morphology and systematics in two subfamilies of the Ericaceae: Pyroloideae and Monotropoideae. Kor. J. Pl. Tax. 18: 9-17.

高橋英樹(分担執筆). (1994)『花粉学事典』(日本花粉学会編集), 454pp. 朝倉書店, 東京.

Takahashi, H. (1995) Pollen morphology of Japanese Oxytropis (Leguminosae). Jpn. J. Palynol. 41: 91-97.

高橋英樹. (1995) 花粉壁の層構造用語統一のための提言. 植物研究雑誌 70: 291-294.

Golam Sarwar, A. K. M., Ito, T. and H. Takahashi (2005) Pollenkitt ropes of Notopora schomburgkii Hook.f. (Ericaceae, Vaccinieae). Jpn. J. Palynol. 51: 65-68.

Golam Sarwar, A. K. M. and H. Takahashi (2006) An overview of pollen morphology and its relevance to the sectional classification of Vaccinium L. (Ericaceae). Jpn. J. Palynol. 52: 15-34.

Golam Sarwar, A. K. M. and H. Takahashi (2006) Pollen morphology of Pieris D.Don (Lyonieae, Ericaceae) and its taxonomic significance. J. Jpn. Bot. 82: 225-234.

Golam Sarwar, A. K. M. and H. Takahashi (2006) Pollen morphology of Enkianthus Lour. (Ericaceae) and its taxonomic significance. Grana 45: 161-174.

Golam Sarwar, A. K. M., Ito, T. and H. Takahashi (2006) Pollen of Ceratostema (Ericaceae, Vaccinieae): tetrads without septa. J. Plant Res. 119: 685-688.

Golam Sarwar, A. K. M. and H. Takahashi (2006) The taxonomic significance of pollen morphology in Andromedeae s.s., Gaultherieae, Lyonieae and Oxydendreae (Ericaceae: Vaccinioideae). Jpn. J. Palynol. 52: 77-96.

Ib.花粉以外

Takahashi, H. (1993) Seed morphology and its systematic implications in Pyroloideae (Ericaceae). Int. J. Plant Sci. 154: 175-186.

Takahashi, H. (1994) A comparative study of floral development in Trillium apetalon and T. kamtschaticum (Liliaceae). J. Plant Res. 107: 237-243.

谷友和・高橋英樹. (1998) オオウバユリの鱗茎とシュートの構造. 植物地理・分類研究 46: 109-112.


II. 植物の分類地理

IIa. 北海道・東北地域

高橋英樹. (1984) 高等植物分布資料(109)エゾイチヤクソウ. 植物研究雑誌 59: 148.

高橋英樹. (1985) ヒダカエンレイソウ宮城県に産す. 植物研究雑誌 60: 124-128.

高橋英樹. (1990) 木古内町亀川の春季顕花植物相. 生物教材 25: 1-7.

高橋英樹. (1991) 日本産イチヤクソウ類の分布と東北地方中南部欠落分布. 植物分類地理 42: 23-43.

高橋英樹・植松茂. (1992) ミツバウツギの分布北限地. 植物地理分類研究 40: 32.

Sato, T. and H. Takahashi. (1996) A quantitative comparison of distribution patterns in two species of Gymnocarpium from local to global scaling. Acta Phytotax. Geobot. 47: 31-40.

高橋英樹. (1996) 礼文島の植物分類地理. プランタ 46: 12-16.

高橋英樹・佐々木純一. (1998) 北海道雨竜沼湿原のミクリ属3種. 植物地理・分類研究46: 211-212.

高橋英樹. (1998) 北海道雨竜沼湿原からヒメミズニラを記録する. 水草研究会会報 (65): 17-18.

鈴木聖一・斎藤友子・中田洋史・飯島由子・遠藤幸雄・佐藤利幸・高橋英樹・滝田謙譲・長谷昭. (2000) 北海道西南部乙部町の被子植物相―生育環境による違いと開花・結実時期―. 生物教材 (35): 1-25.

高橋英樹. 2001)北海道桧山支庁における温帯系木本植物の分布と保護. 植物地理・分類研究 49: 65-68.

高橋英樹. 2001)北海道におけるヤグルマソウの新産地. 分類(1): 61-62.

高橋英樹・佐藤利幸. 2001)北海道大学農学部附属牧場の維管束植物相. 北大農牧場研究報告 18: 33-122.

高橋英樹. (2002) 日本のフロラの現状、北海道. 植物地理・分類研究 50: 145-146.

高橋英樹・高嶋八千代・滝田謙譲. (2002) 別寒辺牛湿原とその周辺地域のフロラと絶滅危惧植物の現状. 『北海道の湿原』(前田一歩園財団創立20周年記念論文集)(辻井達一・橘ヒサ子編著), pp. 51-64, 前田一歩園財団.

高橋英樹・佐々木純一. (2002) 雨竜沼湿原のフロラと絶滅危惧植物. 『北海道の湿原』(前田一歩園財団創立20周年記念論文集)(辻井達一・橘ヒサ子編著), pp. 205-216, 前田一歩園財団.

高橋英樹・山崎真実・佐々木純一. (2002) 雨竜沼湿原ペンケペタン川の水生植物. 『北海道の湿原』(前田一歩園財団創立20周年記念論文集)(辻井達一・橘ヒサ子編著), pp. 217-222, 前田一歩園財団.

高橋英樹. (2002) 北海道の湿原フロラ. 『北海道の湿原』(前田一歩園財団創立20周年記念論文集)(辻井達一・橘ヒサ子編著), pp. 275-277, 前田一歩園財団.

持田誠・片桐浩司・高橋英樹2004)北海道におけるコバノヒルムシロの再発見と分布記録の整理. 分類 4: 41-48.

Ohashi, H., Ohashi, K. and H. Takahashi (2006) Identity of Quercus acuta Thunb. (Fagaceae) recorded from Taiwan and China. Journ. Jap. Bot. 81: 268-274.

IIb. 千島・サハリン地域

高橋英樹. (1996) 千島列島の植物地理資料. 植物分類地理 47: 271-283.

Takahashi, H., Barkalov, V. Y., Gage, S. and Y. N. Zhuravlev. (1997) A preliminary study of the flora of Chirpoi, Kuril Islands. Acta Phytotax. Geobot. 48: 31-42.

高橋英樹・桑原康裕. (1998) 北千島アトラソワ(アライト)島のカワツルモ属植物Ruppia occidentalis S. Watson. 植物分類地理49: 193-196.

高橋英樹・桑原康裕・大原昌宏. (1998) 北千島パラムシル島でアカマロソウ再発見. 水草研究会会報 65: 8-9.

Takahashi, H., Barkalov, V. Y., Gage, S., Semsrott, B., Ilushko, M. and Y. N. Zhuravlev. (1999) A prelilminary checklist of the vascular plants of Chirinkotan, Kuril Islands. J. Phytogeogr. & Taxon. 47: 131-137.

Takahashi, H., Kuwahara, Y., Gage, S., Semsrott, B. and V. Y. Barkalov. (2000) Distribution and habitat of Draba grandis Langsd. (Brassicaceae) in the Kurils. J. Phytogeogr. & Taxon. 48: 41-44.

Takahashi, H., Barkalov, V. Y., Gage, S., Joneson, S., Ilushko, M. and Zhuravlev, Y. N. (2002) A floristic study of the vascular plants of Raikoke, Kuril Islands. Acta Phytotax. Geobot. 53: 17-33.

Fukuda, T. and Takahashi, H. (2002) Morphological variability of Mertensia pterocarpa (Turcz.) Tatewaki & Ohwi (Boraginaceae) in Hokkaido and the southern Kurils. Acta Phytotax. Geobot. 53: 133-141.

Fukuda, T., Taran, A. and Takahashi, H. (2002) Adenocaulon himalaicum Edgew. (Asteraceae), a new record from Sakhalin Island. J. Jpn. Bot. 77: 312-313.

高橋英樹. (2002) 千島列島の植物地理. 分類 2: 9-18.

Pietsch, T. W., Bogatov, V. V., Amaoka, K., Zhuravlev, Y. N., Barkalov, V. Y., Gage, S., Takahashi, H., Lelei, A. S., Storozhenko, S. Y., Minakawa, N., Bennett, D. J., Anderson, T. R., Ohara, M., Prozorova, L. A., Kuwahara, Y., Kholin, S. K., Yabe, M., Stevenson, D. E. and E. L. MacDonald. (2003) Biodiversity and biogeography of the islands of the Kuril Archipelago. J. Biogeogr. 30: 1297-1310.

Takahashi, H. (2004) Distribution patterns of gymnosperms in Sakhalin and a comparison with those in the Kurils: newly proposed S-K index. In Takahashi, H. & Ohara, M. (eds.): Biodiversity and Biogeography of the Kuril Islands and Sakhalin 1, pp. 2-11. The Hokkaido University Museum, Sapporo.

Takahashi, H. (2004) A Report of Botanical Expedition to Sakhalin, 2001-2003. 59 pp. The Hokkaido University Museum, Sapporo.

高橋英樹・阿部剛史. (2004) サハリン・千島植物標本データベース−タイプ標本集1−. 47 pp. 北海道大学総合博物館陸上植物標本庫, 札幌.

高橋英樹・福田知子・アレクサンドルタラン. (2004) 日本に保管されている樺太産植物標本の地名と採集者名. 分類 4: 153-176.

Senni, K., Fujii, N., Takahashi, H., Sugawara, T. and M. Wakabayashi (2005) Intraspecific chloroplast DNA variation of the alpine plants in Japan. Acta Phytotax. Geobot. 56: 265-275.

高橋英樹. (2005) 北方系植物の移動経路:サハリン/千島ルート.分類 5: 89-97.

Takahashi, H. (2006) Geographical distribution patterns of the Ericaceae in Sakhalin and the Kurils. In Takahashi, H. & Ohara, M. (eds.): Biodiversity and Biogeography of the Kuril Islands and Sakhalin 2, pp. 1-39. The Hokkaido University Museum, Sapporo.

Takahashi, H., Barkalov, V. Yu., Gage, S., Semsrott, B., Ilushko, M. and Yu. N. Zhuravlev (2006) A floristic study of the vascular plants of Kharimkotan, Kuril Islands. In Takahashi, H. & Ohara, M. (eds.): Biodiversity and Biogeography of the Kuril Islands and Sakhalin 2, pp. 41-66. The Hokkaido University Museum, Sapporo.

Gage, S., Joneson, S. L., Barkalov, V. Yu., Eremenko, N. A. and H. Takahashi (2006) A newly compiled checklist of the vascular plants of the Habomais, the little Kurils. In Takahashi, H. & Ohara, M. (eds.): Biodiversity and Biogeography of the Kuril Islands and Sakhalin 2, pp. 67-91. The Hokkaido University Museum, Sapporo.

Barkalov, V. Yu., Takahashi, H., Pavlova, N. S. and Taran, A. A. (2006) Flora of Moneron Island. In Storozhenko, S. (ed.): Flora and Fauna of Moneron Island (Materials of International Sakhalin Island Project), pp. 55-130. Dalnauka. (in Russian)

IIc. シベリア地域

Takahashi, H. (1993) An analysis of spermatophytes flora of Sakha SSSR (Yakutskaya), eastern Siberia. Proceeding of the first symposium on joint Siberian permafrost studies between Japan and Russia in 1992: 82-86.

Takahashi, H., Sato, T., Solomonov, N. G. and Ivanov, B. I. (1994) Phytogeographic notes on aquatic plants in Yakutia, eastern Siberia. Acta Phytotax. Geobot. 45: 111-118.

Takahashi, H. (1994) Habitat and morphological features of Ranunculus subgenus Batrachium in central-southern Yakutia. Proceeding of the second symposium on the joint Siberian permafrost studies between Japan and Russia in 1993: 122-126.

Sato, T., Kudo, G. and Takahashi, H. (1994) A quantitative analysis of vegetation structure in eastern Siberia, with respect to biodiversity and coexistence. Proceeding of the second symposium on the joint Siberian permafrost studies between Japan and Russia in 1993: 104-108.

高橋英樹. (1994) ヤクート(サハ)の植物地理. 日本植物分類学会会報 10: 21-33. 1994.

Volotovskyi, K. A., Takahashi, H. and T. Sato. (1996) Characteristics of alpine flora of the Tokinskyi Stanovik mountains, southeastern Siberia in relation to Japanese alpine and eastern Siberian arctic floras. Acta Phytotax. Geobot. 47: 221-238.

Takahashi, H., Volotovskyi, K. A. and Sato, T. (2001) A quantitative comparison of distribution patterns in four common Sparganium species in Yakutia, eastern Siberia. Acta Phytotax. Geobot. 51: 155-167.

IId. イチヤクソウ科

高橋英樹. (1987) オオウメガサソウ(イチヤクソウ科)の種内変異について. 植物分類地理 38: 82-96.

Haber, E. and Takahashi, H. (1988) A comparative study of the North American Pyrola asarifolia and its Asian vicariad, P. incarnata (Ericaceae). Bot. Mag. Tokyo 101: 483-495.

Takahashi, H. (1990) A new combination for Chimaphila taiwaniana. J. Jpn. Bot. 65: 364-366.

Takahashi, H. and Haber, E. (1992) Morphological variability of Pyrola minor in Sweden, Asia and North America. Journ. Fac. Agr. Hokkaido Univ. 65: 275-287.

Haber, E. and Takahashi, H. (1993) Taxonomic status of the east Asian Pyrola faurieana (Ericaceae). J. Jpn. Bot. 68: 8-22.

Takahashi, H. (1993) Pyrolaceae. In Flora of Japan IIIa (eds. Iwatsuki, K., Yamazaki, T., Boufford, D. E. and Ohba, H.), pp.64-70. Kodansha, Tokyo.

Takahashi, H. (1995) Morphological variability of Pyrola asarifolia and P. grandiflora in Yakutia, eastern Siberia. Proceedings of the third symposium on the joint Siberian Permafrost studies between Japan and Russia in 1994: 172-176.


III. 絶滅危惧種・保全のための種生態

Tsukui, T. and Takahashi, H. (1994) Polymorphic flowers and pollinators of Primula. Miyabea 2: 13-18.

Tsukui, T., Ejima, Y. and Takahashi, H. (1994) Distyly in Primula takedana Tatewaki- population composition, flower morphology, pollen size and ovule number. Miyabea 2: 19-26.

高橋英樹(分担執筆). (1994)『日本の絶滅危機植物図鑑レッドデータプランツ』(岩槻邦男監修), 208pp. 宝島社, 東京.

Tsukui, T. and Takahashi, H. (1995) Clonal growth of Japonolirion osense (Liliaceae), a vulnerable serpentine relict in Japan. Acta Phytotax. Geobot. 46: 67-76.

Takahashi, H. and T. Tani. (1997) Life history of the spring ephemeral, Gagea lutea (Liliaceae) in Sapporo, Hokkaido. Miyabea 3: 17-26.

Tsukui, T. and H. Takahashi. (1998) Floral morphology of Primula yuparensis and pollination experiments in cultivation. J. Phytogeogr. & Taxon. 46: 191-194.

高橋英樹. (1998) 植物版レッドデータブックの現状と北海道の課題. 北海道の自然 36: 1-4.

高橋英樹. (2000) 北海道における絶滅危惧植物保護のための課題. 北海道の自然 38: 43-46.

高橋英樹. (2002) 釧路湿原フロラと絶滅危惧植物. 『北海道の湿原』(前田一歩園財団創立20周年記念論文集)(辻井達一・橘ヒサ子編著), pp. 13-15, 前田一歩園財団.

高橋英樹(分担執筆). (2003)『レッドデータプランツ』(矢原徹一監修, 永田芳男写真), 720pp. 山と渓谷社, 東京.

Tomimatsu, H., Hoya, A., Takahashi, H. and M. Ohara. (2004) Genetic diversity and multilocus genetic structure in the relictual endemic herb Japonolirion osense (Petrosaviaceae). J. Plant Res. 117: 13-18.

Izawa, T., Kawahara, T. and H. Takahashi (2007) Genetic diversity of an endangered plant, Cypripedium macranthos var. rebunense (Orchidaceae): background genetic research for future conservation. Conserv. Genet. (in press)


IV. 学術標本・新分類群報告

福田知子・高橋英樹. (2002) チシマルリソウ(ムラサキ科)の花筒内有毛の一品種. 植物研究雑誌 77: 167-168.

福田知子・高橋英樹. (2002) エゾルリソウ(ムラサキ科)のホロタイプ標本. 植物地理・分類研究 50: 77-78.

高橋英樹(分担執筆). (2004) 陸上植物. 『北大自然史タイプコレクション 128年知の伝承』, pp. 57-90. 21世紀COE「新・自然史科学創成」/北海道大学総合博物館, 札幌.

高橋英樹. (2004) エゾクガイソウの白花品種. 植物地理・分類研究 52: 191.

高橋英樹・山崎真実・佐々木純一. (2005) オゼコウホネ(スイレン科)の1新品種. 植物研究雑誌 80: 48-51.


V. 博物館出版物編集

Takahashi, H. and Ohara, M. (eds.)(2004) Biodiversity and Biogeography of the Kuril Islands and Sakhalin 1. The Hokkaido University Museum, Sapporo.

小林孝人・高橋英樹(編). (2004)『きのこの自然史』,58pp. 北海道大学総合博物館,札幌.

Takahashi, H. and Ohara, M. (eds.)(2006) Biodiversity and Biogeography of the Kuril Islands and Sakhalin 2. The Hokkaido University Museum, Sapporo.

高橋英樹・加藤ゆき恵(編). (2006)『北大樺太研究の系譜−サハリンの過去・現在・未来』, 105pp. 北海道大学総合博物館, 札幌.

高橋英樹・加藤ゆき恵・松田由香(編). (2007)『北大千島研究の系譜−千島列島の過去・現在・未来−』, 105pp. 北海道大学総合博物館, 札幌.


VI. 教育・普及書

高橋英樹(分担執筆). (2000) 極地植物と高山植物の類縁関係—ユーラシア東部と北米を中心にして. 『高山植物の自然史—お花畑の生態学』(工藤岳編著), pp.21-36. 北海道大学図書刊行会, 札幌.

辻井達一・橘ヒサ子・高橋英樹・梅沢俊・岡田操・冨士田裕子(編). (2002)『北海道の湿原と植物』, 264pp. 前田一歩園財団, 阿寒町.

高橋英樹・露崎史朗・笹賀一郎(編). (2003)『北大エコキャンパス読本−植物編−』, 48pp. 北海道大学総合博物館, 札幌.

高橋英樹・露崎史朗・笹賀一郎(編). (2005)『改訂版 北大エコキャンパス読本−植物編 付・鳥類リスト−』,52pp. 北海道大学総合博物館, 札幌.

高橋英樹(分担執筆). (2006) コラム植物から見たヒグマの「食文化」−東アジアと北米.『ヒグマ学入門 自然史・文化・現代社会』(天野哲也・増田隆一・間野勉編著), 北海道大学出版会, 札幌.


VII. その他

VIIa. 調査報告書

辻井達一・高橋英樹・三木昇:植物. 桧山道立自然公園総合調査, pp.50-172. 北海道自然保護協会, 1988.

辻井達一・高橋英樹・三木昇:植物. 狩場茂津多道立自然公園総合調査, pp.27-113. 北海道自然保護協会, 1989.

高橋英樹:湿原の植物相. 湿原生態系保全のためのモニタリング手法及び農用地からの影響緩和方策の確立に関する研究報告書(第1章), pp.6-26. 前田一歩園財団, 1989.

高橋英樹・高嶋八千代:釧路湿原の植物相. 湿原生態系保全のためのモニタリング手法及び農用地からの影響緩和方策の確立に関する研究中間報告書(第4章), pp.34-61. 環境庁自然保護局釧路湿原国立公園管理事務所, 1991.

神田房行・高橋英樹・冨士田裕子・長谷川栄・辻井達一:別寒辺牛湿原の植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書(第2章第3節), pp.15-33. 北海道保健環境部自然保護課, 1992.

神田房行・高橋英樹・長谷川栄・辻井達一:別当賀川下流域の植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書(第3章第3節), pp.104-121. 北海道保健環境部自然保護課, 1992.

高橋英樹・松本秋義・新庄久志・高嶋八千代・細川音治:前田一歩園財団所有山林高等植物相, 87pp. 前田一歩園財団, 1992.

高橋英樹・高嶋八千代:釧路湿原の高等植物相. 湿原生態系保全のためのモニタリング手法及び農用地からの影響緩和方策の確立に関する研究中間報告書(II第2章), pp.14-17. 環境庁自然保護局釧路湿原国立公園管理事務所, 1992.

高橋英樹:水生植物バイカモ類の分布. 湿原生態系保全のためのモニタリング手法及び農用地からの影響緩和方策の確立に関する研究中間報告書(VII第2章第3節2), pp.208-210. 環境庁自然保護局釧路湿原国立公園管理事務所, 1992.

高橋英樹・高嶋八千代:釧路湿原の高等植物相, 附高等植物目録. 湿原生態系保全のためのモニタリング手法の確立に関する研究(III第4章第1節), pp.24-32, 64-131. 環境庁自然保護局, 1993.

高橋英樹・冨士田裕子・長谷川栄・辻井達一:コイトイ・大楽毛海岸—植物.「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書, 道東圏域(平野・海岸部), pp.16-26. 北海道, 1994.

神田房行・高橋英樹・長谷川栄・辻井達一:馬主来沼—植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書, 道東圏域(平野・海岸部), pp.50-59. 北海道, 1994.

高橋英樹・冨士田裕子・長谷川栄・辻井達一:三津浦海岸—植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書, 道東圏域(平野・海岸部), pp.88-98. 北海道, 1994.

高橋英樹・長谷川栄・辻井達一:奔幌戸・恵茶人—植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書, 道東圏域(平野・海岸部), pp.117-120. 北海道, 1994.

高橋英樹・冨士田裕子・長谷川栄・辻井達一:ホロニタイ湿原—植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書, 道東圏域(平野・海岸部), pp.140-145. 北海道, 1994.

高橋英樹・冨士田裕子・長谷川栄・辻井達一:タンネ沼・オンネ沼—植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書, 道東圏域(平野・海岸部), pp.164-167. 北海道, 1994.

高橋英樹・冨士田裕子・長谷川栄・辻井達一:根室半島—植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書, 道東圏域(平野・海岸部), pp.189-198. 北海道, 1994.

高橋英樹・冨士田裕子・長谷川栄・辻井達一:兼金沼・西別川流域—植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書, 道東圏域(平野・海岸部), pp.219-221. 北海道, 1994.

高橋英樹・長谷川栄・辻井達一:春別川・雷床丹川・床丹川—植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書, 道東圏域(平野・海岸部), pp.245-247. 北海道, 1994.

高橋英樹・長谷川栄・辻井達一:植別川流域—植物. 「すぐれた自然地域」自然環境調査報告書, 道東圏域(平野・海岸部), pp.269-270. 北海道, 1994.

高橋英樹・津久井孝博:北海道におけるヤチカンバ、アポイカンバの調査収集. 農林水産ジーンバンク事業の希少生物等の遺伝資源調査収集委託事業成果報告書, pp.25-45. 農林水産技術情報協会, 1996.

高橋英樹・笈田一子・高橋美智子・世那覇モト子:ユルリ島のフロラ(予報)と絶滅危惧植物の現状. 北海道の絶滅危惧植物の現状—道東を中心として−, pp.45-64. 北海道絶滅危惧植物調査研究グループ, 1996.

高橋英樹・笈田一子・高橋美智子・世那覇モト子:別海町のヤチカンバ群落地. 北海道の絶滅危惧植物の現状—道東を中心として−, pp.65-73. 北海道絶滅危惧植物調査研究グループ, 1996.

高橋英樹:北大農学部附属牧場の林間放牧地における絶滅危惧植物. 北海道の絶滅危惧植物の現状2, pp.48-51. 北海道絶滅危惧植物調査研究グループ, 1997.

VIIb. 解説記事・資料他

高橋英樹:東アジア産ベニバナイチヤクソウの分類学的位置. 北方山草 8: 25-27. 1989.

Takahashi, H.: Botanic Garden, Hokkaido University at Sapporo, Japan. Newsletter IABG Asian Division 5: 2-5. 1990.

高橋英樹:スカンジナビアで発行されている最近の植物図鑑と食虫植物. 食虫植物研究会々誌 41: 48-49. 1990.

高橋英樹:アビスコ−ラップランドの山岳国立公園. 北方山草 9: 23-28. 1990.

Takahashi, H.: Trillium studies in Japan. Miyabea 1:7-11. 1991.

Takahashi, H.: Recent activities of Botanic Garden, Hokkaido University, northern Japan. Proceedings of the First Conference of International Association of Botanical Gardens- Asian Division: 137. 1991.

高橋英樹:北欧における植物体系学と花粉学. 学術月報 44(6): 6-12. 1991.

高橋英樹:行ってみよう植物園—北大植物園. グリーンパワー1月号: 33. 森林文化協会, 1991.

高橋英樹:分類学の父リンネの植物園—ウプサラのリンネ・ガーデン. 北方山草 10: 16-19. 1992.

高橋英樹:花粉形態からみた植物の分類体系—モウセンゴケ科とシャクジョウソウ科の例. 北海道の自然と生物 8: 65-72. 1993.

高橋英樹:東シベリアの植物. 北方山草 11: 13-15. 1993.

Takahashi, H. and Tsukui, T.: Genus Primula L. in Hokkaido, northern Japan. Miyabea 2: 1-12. 1994.

高橋英樹:シベリア極寒の地ベルホヤンスクの植物. 北方山草 12: 7-8. 1994.

高橋英樹:北方領土の植物. 『朝日百科植物の世界2』(岩槻邦男・大場秀章・清水建美・堀田満・ギリアン=プランス・ピーター=レーヴン監修), pp.94-96. 朝日新聞社, 東京. 1994.

高橋英樹:トチナイソウ. 『朝日百科植物の世界6』(岩槻邦男・大場秀章・清水建美・堀田満・ギリアン=プランス・ピーター=レーヴン監修), pp.12-13. 朝日新聞社, 東京. 1995.

高橋英樹:イワウメ科・シャクジョウソウ科・イチヤクソウ科. 『朝日百科植物の世界6』(岩槻邦男・大場秀章・清水建美・堀田満・ギリアン=プランス・ピーター=レーヴン監修), pp. 52-59. 朝日新聞社, 東京. 1995.

高橋英樹・林忠一:大学附属植物園と社会教育—北大植物園の例—. 日本植物園協会々誌 29: 11-16. 1995.

高橋英樹:東シベリア、オイミャコン−ハンディガ採集記. 北方山草 13: 5-10. 1995.

高橋英樹:オゼソウ. 『朝日百科植物の世界10』(岩槻邦男・大場秀章・清水建美・堀田満・ギリアン=プランス・ピーター=レーヴン監修), pp.140-141. 朝日新聞社, 東京. 1996.

高橋英樹:世界の自然公園—アビスコ国立公園. 『朝日百科植物の世界12』(岩槻邦男・大場秀章・清水建美・堀田満・ギリアン=プランス・ピーター=レーヴン監修), 裏見返し. 朝日新聞社, 東京. 1996.

高橋英樹:1995年中部千島植物調査. 北方山草 14: 9-15. 1996.

高橋英樹:自然界に種子をまくこと. 北方山草 14: 53-54. 1996.

高橋英樹:1996年の国際千島列島調査. 北方山草 15: 1-6. 1998.

高橋英樹:ウラジロヨウラクの北限について. 北方山草 15: 41-42. 1998.

高橋英樹:北海道大学農学部附属植物園—北方植物の多様性を科学する. 園芸新知識 1999(6): 49-50. 1999.

高橋英樹:1997年の国際千島列島調査. 北方山草 16: 10-16. 1999.

高橋英樹・山崎真実:97年植物版レッドリスト中の北海道情報不足種の現状解析. 北方山草 16: 52-55. 1999.

高橋英樹・佐々木純一:雨竜沼湿原の絶滅危惧植物. 北方山草 17: 4-7. 2000.

高橋英樹:2000年の国際千島列島調査. 北方山草 18: 3-9. 2001.

高橋英樹:サハリン−マグンタンの泥火山. 北方山草 18: 21-23. 2001.

高橋英樹:千島列島の自然と「高山植物」. モーリー 4: 18-21. 2001.

高橋英樹:サハリン登帆山(ヌプリポ山)北峰の植物. 北方山草 19: 24-25. 2002.

高橋英樹:北海道大学に収蔵されている千島列島産裸子植物標本目録−標本庫から見えるもの−. 北方山草 20: 27-36. 2002.

高橋英樹:千島列島の植物研究−宮部線とブッソル線について. 自然観察 (63): 4.

高橋英樹:ヤチヤナギとヤチツツジはサハリンを南下した?. 北方山草 21: 13-18. 2004.3.

高橋英樹:北大の菌類標本庫−SAPS. 『きのこの自然史』, pp. 1-2. 札幌. 2004.3.

高橋英樹・小林孝人:北大総合博物館植物標本庫蔵『蝦夷採薬草木図』に見る「きのこ」. 『きのこの自然史』, pp. 43-45. 札幌. 2004.3.

小林孝人・高橋英樹:北大植物園・北大総合博物館に保管されているきのこのレプリカ. 『きのこの自然史』, pp. 46-47. 札幌. 2004.3.

高橋英樹:更別と別海のヤチカンバ.北方山草 22: 18-25. 2005.3.

高橋英樹:弟子屈町の植物. 『弟子屈町史 第3巻』, pp. 139-145. 弟子屈. 2005.

高橋英樹・加藤ゆき恵:北大研究者による樺太植物学研究の系譜.『北大樺太研究の系譜−サハリンの過去・現在・未来−』,pp. 11-19. 2006.

藤田正一・高橋英樹:サハリン旧国境付近で発見された北大医学部出身軍医の鉄兜.『北大樺太研究の系譜−サハリンの過去・現在・未来−』,pp. 88. 2006.

高橋英樹・加藤ゆき恵:北大研究者による千島列島植物学研究の系譜.『北大千島研究の系譜−千島列島の過去・現在・未来−』,pp. 37-53. 2006.


〇新分類群、新学名組合せ

ベニバナイチヤクソウ:Pyrola asarifolia Michaux subsp. incarnata (DC.) Haber & Hideki Takahashi, Bot. Mag. Tokyo 101: 492 (1988).

タイワンウメガサソウ:Chimaphila monticola subsp. taiwaniana (Masamune) Hideki Takahashi, J. Jpn. Bot. 65: 376 (1990).

ポロスルリソウ(新称):Mertensia pterocarpa (Turcz.) Tatew. & Ohwi forma yoshimurae T. Fukuda & Hideki Takahashi, J. Jpn. Bot. 77: (2002).

シロバナエゾクガイソウ:Veronicastrum sibiricum (L.) Pennell var. yezoense H.Hara forma albiflorum Hideki Takahashi, J. Phytogeogr. Taxon. 52: 191 (2004)

ウリュウコウホネ(新称):Nuphar pumila (Timm) DC. var. ozeensis (Miki) H.Hara forma rubro-ovaria Koji Ito ex Hideki Takahashi, M. Yamazaki & J. Sasaki, J. Jpn. Bot. 80: 51 (2005)


<担当学生・院生の研究テーマ>

博士

修士

卒論