Pitruk Dmitry Leonidovich

 総合博物館では第7代目客員教授として,ロシア科学アカデミー極東支部ウラジオストク海洋生物研究所のディミトリー・レオニドヴィッチ・ピトルクさんを招聘しました.8月20日から12月28日の滞在期間中は「カサゴ目クサウオ科魚類の研究」を課題として,総合博物館と本学関係研究者との共同研究を行います.クサウオ科は体が柔軟で変形しやすいなどの理由で,分類が大変難しいグループです.クサウオ類は北方系の魚類で,北大にも多くの同定できない標本が保管されていますが,ロシアの標本との比較によりクサウオ科魚類の分類学的混乱の解決が期待されます.


戻る