北海道大学 創基125周年記念展示 「拓く,究める,そして未来」


学術テーマ展示

Academic Thematic Exhibition

知の統合

Academic Themes and Perspectives


北大で現在おこなわれている膨大な数の研究をテーマごとに一覧表示するとともに、そのうちのいくつかにスポットを当てて具体的な展示をおこないます。現在は「有珠火山」と「地震」を展示中です。

生命/多様性と普遍性

Life


地球上に存在する生き物には驚嘆すべきさまざまな姿や現象が見られますが、その多様性の背景には統一された普遍的原理が存在します。農学校に起源を持つ北大の特徴的な研究分野の一つである、生命科学研究の一端を紹介します。
生命物質の誕生/生物の多様化の歴史と現在見られる多様性−藻類・古生物・昆虫/染色体から遺伝子/遺伝子組替え生物/遺伝子治療/生命研究先端ドリーム−ゲノム・タンパク質・糖鎖

循環から見る自然と人−森・土・水

Ecosystem


広大な演習林や圃場、臨海実験所を擁する北大は、大規模な装置を用いた野外での研究も盛んにおこなわれています。このコーナーでは「森林」「農村」「都市」「海洋」という4つの環境における物質循環に焦点を当て、自然と人との関わりについて考えてみます。
川のエンクロージャー/木を介した炭素循環/土壌と関係した窒素循環/サケを介した窒素循環/林冠観察クレーン/農耕地の循環/都市の炭素排出量/水圏の循環

北を見る目・北から見る目−変動する北東ユーラシア

Northern Biota


北海道のさらに北に広がる樺太・クリル・カムチャツカ・シベリアは、北大におけるフィールドサイエンスの主要な舞台のひとつとなっています。これら北方圏に関する研究を紹介します。
マンモスハンター/北東ユーラシアの土と森−シベリアの自然/シベリアに暮らす人々・開発とその爪跡・ファイヤーエコロジー/クリル−カムチャツカの自然/樺太の自然

人間・社会・自然と科学技術

Human and Technology


北海道開拓に資することを使命の一つとして誕生した北大は、工学・産業の分野でも多大な研究成果を挙げてきました。大量消費・生産性向上の原理に立脚する20世紀型の技術を乗り越え、社会と環境に責任を持ちながら、さらに新領域を開拓してゆく21世紀型の科学技術を目指す研究への視座を紹介します。
循環型調和社会システム−社会の持続的発展/高品質な社会基盤の創生

戻る