水産科学館 総合博物館分館化記念・水産学部創基100周年記念
「水産科学館に蓄積された水産学部100年の歴史」



 水産科学館は北大水産学部の施設として1958年に開館して以来,水産関係資料を広く一般に公開してきました。その展示施設としての性格から,総合博物館と水産学部は水産科学館の総合博物館分館化を検討し,2007年4月1日に正式に分館として位置づけられました。一方,水産学部の前身である水産学科が札幌農学校に設置されてから,2007年はちょうど100年目にあたります。総合博物館と水産学部は,水産科学館の総合博物館の分館化と水産学部創基100周年を記念し,平成19年12月18日から平成20年2月17日までの2ヶ月にわたり,「水産科学館に蓄積された水産学部100年の歴史」と題した第51回企画展示を,総合博物館3階企画展示室で開催します。
 水産科学館には明治時代から現在に至るまでの水産関係資料が多数収蔵されています。展示では,明治時代に作られた和船模型,大正時代の漁具,鯨類関連資料,初代忍路丸など歴代練習船の写真などを出展する予定です。これらの水産科学館に蓄積された資料を通して水産学部100年の歴史を感じていただくとともに,この企画展示を私たちが歩んできた歴史を振り返るきっかけにしていただければ誠に幸いです。また12月18日午後1時30分から,本企画展示を記念して原彰彦水産学部長による講演会を総合博物館1階「知の交流」コーナーで開催します。

 皆様のご来場を心よりお待ちしています。


主催:北海道大学総合博物館北海道大学水産学部
期間:2007年12月18日(火)〜2008年 2月17日(日)
関連イベント:2007年12月18日13時30分〜
企画展示記念講演会「水産学部100年の歩み」
(原 彰彦水産学部長)
開館:10時00分〜16時00分(月曜日休館)
会場:北大総合博物館三階企画展示室
連絡先:北海道大学総合博物館
札幌市北区北10条西8丁目,
Tel:011-706-2658
museum-jimu@museum.hokudai.ac.jp