北大創基130周年記念 北海道大学総合博物館企画展示

「北大樺太研究の系譜
〜サハリンの過去・現在・未来〜 」



2月18日、北大樺太研究の系譜 オープニングセレモニー
の様子をアップしました。→こちら


Karafuto Exhibition 2006

「北大樺太研究の系譜」
関連セミナー




2月3日(金)「サハリン考古学の展望」
A. Vasilevski(サハリン国立大・教授)
 
2月19日(日)「樺太における植物探検調査の歴史と展望」
高橋英樹(北大総合博物館・植物体系学)
  「サハリン紹介」
イシチェンコ.M.L.(サハリン国立大)
 
3月4日(土)「サハリンの海藻」
阿部剛史(北大総合博物館・海藻分類学)
 
4月1日(土)「北大植民学の樺太研究」
竹野学(北大経済学研究科・日本経済史)
 
4月15日(土)「サハリンにおける古生物学研究の展開」
小林快次(北大総合博物館・古生物学)
  「地質屋たちの肖像−デスモスチルス発掘と”長尾ノート”」
川村信人(北大理学研究科・地質学)
 
4月29日(土)「オホーツク文化の解明に挑む−北海道・樺太・千島」
天野哲也(北大総合博物館・考古学)
 
5月6日(土)「北海道と大陸をつなぐ島−サハリンの地質と地下資源」
岡孝雄(道立地質研究所)



*2月19日、4月15日の講演は午後4時までとなります。
ご了承下さい。



期間・2006年2月18日(土)〜5月7日(日)
開館・10時〜16時(月曜日休館,2月25日,3月12日は臨時休館
会場・北海道大学総合博物館3F・企画展示室(札幌市北区北10条西8丁目)
TEL:011-706-2658・3607 FAX:011-706-4029
e-mail:museum-jimu@museum.hokudai.ac.jp
WEB:http://www.museum.hokudai.ac.jp
主催:北大総合博物館
共催:21世紀COE新・自然史科学創成21世紀COEスラブ・ユーラシア学の構築
協力:小樽市教育委員会小樽市博物館道立地質研究所
後援:北海道教育委員会札幌市教育委員会朝日新聞北海道新聞



企画展示一覧へ

北大総合博物館セミナーへ

トップへ