第4回企画展示

アイヌ民族楽器−ムックリ・トンコリ−

2003年6月23日(月)−7月12日(土)

北海道大学総合博物館1F「知の統合」コーナー


主催:北海道大学総合博物館/北海道大学大学院・文学研究科 北方文化論講座 佐々木研究室

協力:標茶町・塘路口琴研究会「あそう会」

展示資料協力:北海道開拓記念館,アイヌ民族博物館,北海道大学北方生物圏フィールド科学センター植物園 博物館

展示内容:
 この企画展では,北海道釧路支庁管内標茶町の塘路(とうろ)口琴研究会「あそう会」におけるムックリ(口琴)・トンコリ(五弦琴)を通した音楽活動を中心に紹介しています。
 また,道内の博物館から借用したさまざまなムックリ・トンコリを展示したり,音声解剖学的に口琴の音のメカニズムを紹介するコーナーや入館者の方が実際に楽器に触れたり,作ったりできるコーナーもあります。

イベントスケジュール:

・ 7/ 5(土)ムックリ演奏会13:00-14:00
演奏者:磯嶋恵美子さん,諏訪良光さん,千葉スイさん,金子恵さん(標茶町・塘路口琴研究会「あそう会」のみなさま)
標茶町塘路(とうろ)でムックリ(口琴)の演奏・製作を10年来続けているグループの演奏会です。この会では当初から,東シベリア・サハ共和国の口琴演奏家との交流も行っています。

・7/11(金)〜12(土)トンコリ製作実演(7/11(金)13:30-16:00,7/12(土)13:30-15:00)
製作者:諏訪良光さん(標茶町塘路駅前アイヌ民芸店「サルンパ」店主)
展示会場内に作った工房で,トンコリ(五弦琴)の製作を行います。段階を追って製作してもらい,2日目は仕上げの部分を見ていただきます。

・7/12(土)講演会「アイヌ音楽の諸相(いろいろ)」12:30-13:30
講師:谷本一之さん((財)アイヌ文化振興・研究推進機構理事長)
この企画展で展示しているアイヌ民族のムックリ・トンコリのほか,歌や踊りを含めたさまざまな音楽を,映像資料を用いながらご紹介します。

・ 7/12(土)講演会「音声解剖学からみた口琴とその音」15:00-16:00
講師:阿部和厚さん(北海道医療大学心理科学部教授,本学名誉教授)
医学をご専門としていた講師が,ご自分の口琴コレクションを紹介しながら,音声解剖学的な視点から口琴の音のメカニズムを説明します。なお,講師の口琴コレクションを展示したコーナーもあります。


戻る