第6回公開シンポジウム「甲虫類の多様性と生息環境 甲虫の種数はなぜ多いのか?」


10時30分:北大総合博の大原による進行・司会でシンポジウム始まる

酒井先生の「甲虫類の多様性概観」

マズール先生の「エンマムシの生態と環境」

昼休み...

午後1時30分:北大総合博の諏訪館長による挨拶

菅谷先生の「アリヅカムシ亜科甲虫の多様性と生息環境-北海道、琉球、台湾、そしてアジアへ-」

小島先生の「ゾウムシ類の多様性:植物との出会いと口吻の進化」

片倉先生の「植物を食べる昆虫の種分化」

5時から懇親会:乾杯

2次会....


第6回シンポジウムに戻る