●タイトル:「マキシモヴィッチ、長之助、宮部」
 講演者:高橋 英樹(北海道大学総合博物館教授)
 企画展示「花の日露交流史」の展示内容、マキシモヴィッチと須川長之助、宮部金吾の出会いと別れを解説する。

●タイトル:「ロシア科学アカデミーコマロフ植物学研究所:過去と現在」
 講演者:ドミトリー・ゲルトマン(コマロフ植物学研究所副所長)
 ロシア科学アカデミーコマロフ植物学研究所はロシアで最も古い科学施設であり、大規模かつ非常に重要な植物コレクションを所有している。その歴史と現状について紹介する。

●タイトル:「ロシア科学アカデミー植物標本庫(LE)に所蔵されているマキシモヴィッチの日本産植物コレクション」
 講演者:アリサ・グラボフスカヤ(コマロフ植物学研究所上席研究員)
 ロシア科学アカデミーコマロフ植物学研究所に所蔵されている日本産植物コレクションを確立したマキシモヴィッチの学術活動について紹介する。

●タイトル:「稀代のプラントハンター須川長之助翁」
 講演者:須田裕(岩手大学名誉教授)
 マキシモヴィッチの植物学研究を支えた、稀代の日本人プラントハンター須川長之助の生涯。岩手大学の所蔵資料について紹介する。

日時:平成22年3月14日(日)13:30〜17:00
場所:北海道大学総合博物館1階 知の交流コーナー


シンポジウムトップに戻る
HoUMトップに戻る
~