北海道大学サステナビリティ・ウイーク2008関連行事

Symposium “Taxonomy Returns”

シンポジウム「分類学の帰還」

 

G8北海道洞爺湖サミットに合わせて設定された“サステナビリティ・ウィーク”の一環として、北海道大学博物館は自然を理解することを目的にした国際シンポジウム「分類学の帰還」を北海道大学総合博物館・知の交流コーナーにて、2008年6月28日(土)と29日(日)の2日間開催します。講演者の一人として、国際動物命名法審議会の会長デニス・ブラザース氏(南アフリカ・ナタル大学・教授)をお迎えし、6月28日(土)は午後1時より5時まで、日本語による一般向けの講演会「生き物に名前を付ける」を、翌6月29日(日)は午前10時より午後3時まで、英語による専門家向けワークショップ「Toward the future development of Zoological Nomenclature」を開催します。両日ともどなたでも参加費無料です。どうぞふるってご参加ください。

6月28日(土)13:00-17:00に開催される講演会「生き物に名前を付ける」は、生き物の名前に興味をお持ちの一般の方、アマチュア研究者の方、学生、そして専門家、すべての方々を対象とした、生物の学名に関する講演会です。生物の学名はどのように付けられ、また管理され、改訂されているかを、まずは国際動物命名法審議会の会長デニス・ブラザースにやさしく話していただきます。彼の講演は英語ですが、同時通訳を用意いたします。引き続き、3人の大学研究者に、学名が変更される場合の規約の解釈、および提案書Proposalの書き方、さらには命名法に関する新しい提唱等々を、実例に基づいて詳しく、しかもやさしくお話していただきます。最後に、つい最近改訂されました国際植物命名規約最新版「ウィーン規約」について、その日本語版の翻訳者のお一人に解説していただきます。参加無料ですので、たくさんの方々にご参加いただき、質問、議論をしていただけることを願っております。

尚、6月29日(日)10:0015:00に開催される「Toward the future development of Zoological Nomenclature」は、英語による専門家向けワークショップです。英語を少しでもご理解いただける方はどうぞご遠慮なくご参加ください。もちろん参加無料です。

 

開催場所:北海道大学総合博物館・知の交流コーナー

開催日:2008年6月28日(土)、29日(日)

 

プログラム:

1日目:6月28日(土)13:00-17:00

シンポジウム「生き物に名前を付ける」(日本語)司会:柁原 宏(北海道大学理学研究院)

13:00 13:05  開会挨拶  馬渡駿介(北海道大学総合博物館) 

13:05-13:50  デニス・ブラザース(国際動物命名法審議会会長、南アフリカ・ナタル大学)

「国際動物命名規約と規約委員会の役割」(同時通訳付き)

13:50-14:30  西川輝昭(名古屋大学博物館)

「学名の変更を最小限にするにはどうすればよいか―動物命名規約の到達点と課題」

14:30-15:10  戸田正憲(北海道大学低温科学研究所)

「学名を変更すべきか,すべきでないか?:Drosophila melanogasterを例に」

15:10-15:30  休憩

15:30-16:10  小島純一(茨城大学理学部)

     「分類体系に含まれる生物学的情報価値を低下させる場合もある安易な種より上位ならびに下位分類階級に位置づけられる新分類群の提唱」

16:10-16:50 中井秀樹(元日本植物分類学会植物命名規約邦訳委員会委員)

     「国際植物命名規約最新版、ウィーン規約について」

16:50-17:00  閉会挨拶

 

2nd Day : Sunday 29th June 10:00-15:00 

Workshop on “Toward the Future Development of Zoological Nomenclature”

10:00-10:30 Dennis Brothers (President of ICZN, University of Natal, South Africa)

        “Next code and web registration”

10:30-11:00 Jun-ichi Kojima (Ibaraki University)

“Towards the nomenclature codes ensuring better communication on biological information and stability of concepts of informal taxa”

11:00-11:30 Shunsuke F. Mawatari (Hokkaido University)

“We can skip species epithet”

12:00-13:00 Lunch time

13:00-15:00 Panel Discussion on the “Future Development of Zoological Nomenclature”



An International Symposium for “Sustainability Week 2008G8 Summit Round” in Hokkaido university

“Taxonomy Returns”

For the better understanding of our mother nature

 

Hokkaido University Museum plans an international symposium entitled “Taxonomy Returns” for the better understanding of our mother nature in “Sustainability Week 2008G8 Summit Round” in Hokkaido University on Saturday 28 and Sunday 29, June 2008. The lecture presentation for the public entitled “Naming Organisms” will be held on Saturday 28th, 13:00-17:00 using Japanese language, and a professional symposium on “Toward the Future Development of Zoological Nomenclature” will be held on Sunday 29th, 10:00-15:00.

 

Place: Hokkaido University Museum

Date: Saturday 28th and Sunday 29th June 2008

Program

1st Day (Saturday 28th June  13:00-17:00) 

Lecture Presentation for the Public “Naming Organisms” (in Japanese)

13:00 13:05 Opening welcome address: Shunsuke F. Mawatari (Faculty of Science, Hokkaido University)

13:05-13:50 Prof. Dennis Brothers (President of ICZN, Prof. of University of Natal)

“Role of ICZN for naming organisms”

(presented in English with simultaneous interpretation into Japanese)

13:50-14:30 Prof. Teruaki Nishikawa (Nagoya University Museum, Nagoya University)

“Some problems of the current zoological code”

14:30-15:10  Prof. Masanori Toda (Low Temperature Institute, Hokkaido University)

Drosophila melanogaster: its scientific name to be changed or not?”

15:10-15:30  Coffee Brake

15:30-16:10  Prof. Junichi Kojima (Faculty of Science, Ibaraki University)

    “Easygoing proposal of a new taxon placed at a rank above or below species may reduce biological information contained in a classification system”

16:10-16:50 Dr. Hideki Nakai (Sapporo city)

   “Some problems on Japanese translation of the current Botanical Code”

16:50-17:00  Closing address

17:30-19:00  Reception

 

2nd Day (Sunday 29th June 10:00-14:00)  

Workshop on “Future Development of Zoological Nomenclature”

10:00-10:30 Dennis Brothers

         “Next code and web registration”

10:30-11:00 Jun-ichi Kojima

“Towards the nomenclature codes ensuring better communication on biological information and stability of concepts of informal taxa”

11:00-11:30 Shunsuke F. Mawatari (Faculty of Science, Hokkaido University)

“Can we skip species epithets ?”

12:00-13:00 Lunch time

13:00-15:00 Panel Discussion


SPEAKERS:

 

Prof. Denis Brothers

The School of Botany and Zoology

Faculty of Science and Agriculture
University of Natal, Private Bag X01, Scottsville
Pietermaritzburg, 3209 South Africa

Tel: (+27) 033 2605106

Fax: (+27) 033 2605105

Brothers@ukzn.ac.za

 

Teruaki Nishikawa

西川輝昭

464-8601

名古屋市千種区不老町

名古屋大学

名古屋大学博物館

電話:052-789-5761

nishikawa@num.nagoya-u.ac.jp

 

Jun-ichi Kojima

310-8512

茨城県水戸市文京2-1-1

茨城大学理学部

小島純一

jkrte@mx.ibaraki.ac.jp

 

Masanori J. Toda

戸田正憲

低温科学研究所

hutian@pop.lowtem.hokudai.ac.jp

 

Hideki Nakai

中井秀樹

bekenya@u01.gate01.com

 

Shunsuke F. Mawatari

馬渡峻輔(駿介)

理学研究院

shunfm@sci.hokudai.ac.jp

 

Hiroshi Kajihara

柁原宏

理学研究院

kazi@mail.sci.hokudai.ac.jp