北海道大学総合博物館シンポジウム/
土曜市民セミナー/道民カレッジ/
文部科学省特別研究促進費研究成果公開事業シンポジウム


中世日本列島北部〜サハリンにおける民族の形成過程の解明
―市場経済圏拡大の観点からー


9:00

開場・受付
 
9:30-9:40

挨拶・趣旨説明
 
9:40-11:10

「近年の中国における靺鞨―女真遺跡の主要考古学調査と研究」

(吉林大学・王 培新)(通訳 専修大学・三宅俊彦)
 
11:20-11:55

「遺伝的特徴から見たオホーツク集団と現代北東アジア集団との関係」

(北海道大学 増田隆一・佐藤丈寛)
 
11:55-13:00

昼食
 
[以下3本は 土曜市民セミナー/道民カレッジを兼ねる]
 
13:00-13:35

「オホーツク集団と続縄文集団の交流」

(北海道大学 天野哲也)
 
13:35-14:10

「厚真町幌内地区の発掘調査から解ってきたこと」

(厚真町教育委員会 小野哲也)
 
14:10-14:45

「アイヌの宝器・鍬形の成立と変遷」

(旭川博物館 瀬川拓郎)
 
14:45-15:00

小休止
 
15:00 -15:35

「要害遺跡の研究」

(北海道開拓記念館 右代啓視)
 
15:35-16:10

「擦文文化〜アイヌ文化の木製品について」

(札幌市埋蔵文化財センター 藤井誠二
 
16:10-16:45

「鍋と玉」

(北海道埋蔵文化財センター 越田賢一郎)
 
16:45-17:20

「東北北部におけるアイヌ化を考える」

(北海道大学 小野裕子)
 
17:20-18:00

討論・閉会の辞
 

 
日時:2008年2月9日(日) 9時00分〜
会場:北海道大学総合博物館1F 知の交流コーナー
 
連絡先:北海道大学総合博物館
札幌市北区北10条西8丁目,Tel:011-706-2658
museum-jimu@museum.hokudai.ac.jp


展示一覧に戻る

トップに戻る