セミナーの概要

北海道大学総合博物館で主催している「博物館セミナー」では、「博物館学」・「博物館に係わる全ての分野」について、いろいろな方に(専門でない方にもわかるように)やさしくお話ししていただいています。

補足情報


  • 第77回総合博物館セミナー
シンポジウム1 「日本の昆虫相の成立史」
  • 主催: 日本昆虫学会
  • 共催: 北海道大学21世紀COE「新・自然史科学創成」
  • 日時: 2004年9月25日(土) 14:30-17:00
  • 場所: 北大高等教育機能開発総合センターS会場
  • 付記事項: 入場無料,申込等不要です.ご参加お待ちしております.なお,シンポジウムの会場は当日の案内看板にてご確認下さい.
  • プログラム:
    1. 趣旨説明 [14:30-14:40]
    2. 林 成多(ホシザキグリーン財団): 昆虫化石から見た日本の昆虫相形成史 [14:40-15:10]
    3. 小林 憲生(北大総合博物館): オオニジュウヤホシテントウ種群の進化史 [15:10-15:40]
    4. 鈴木 浩文(東京都日野市): 日本産水生ボタルの進化史 [15:40-16:10]
    5. 増田 隆一(北大先端科学技術共同研究センター): 分子情報から見たヒグマとエゾジカの生物地理的歴史 [16:10-16:40]
    6. 総合討論 [16:40-17:00]
シンポジウム2(自然保護委員会企画シンポジウム)
「レッドデータブック その役割と問題点」
第13回昆虫担当学芸員協議会総会
「準自然分類学者(パラタクソノミスト)と博物館 -ボランティア活動と生物分類学-」
  • 主催: 昆虫担当学芸員協議会
  • 共催: 北海道大学21世紀COE「新・自然史科学創成」,北大総合博物館
  • 世話人: 金沢 至(大阪市自然博),大原 昌宏(北大総合博物館)
  • 日時: 2004年9月25日(土) 17:30-
  • 場所: 北大総合博物館1階展示室「知の交流」コーナー
  • 付記事項: 入場無料,申込等不要です.ご参加お待ちしております.なお,シンポジウムの会場は当日の案内看板にてご確認下さい.
  • プログラム:
    1. 奥山清市(伊丹市昆虫館): パラタクソノミストに繋がるボランティア活動
    2. 喜田和孝(丸瀬布町昆虫生態館): 有名採集地の昆虫館と地域の活動 -丸瀬布の場合-
    3. 大原昌宏(北大総合博物館): パラタクソノミストが貢献する生物多様性研究、生物分類学、そして環境保全
シンポジウム3
「交尾器の進化と多様性: 分類学,形態学,行動学,進化学の接点」
  • 主催: 日本昆虫学会
  • 共催: 北海道大学21世紀COE「新・自然史科学創成」
  • 日時: 2004年9月26日(日) 13:15-15:30
  • 場所: 北大高等教育機能開発総合センターS会場
  • 付記事項: 入場無料,申込等不要です.ご参加お待ちしております.なお,シンポジウムの会場は当日の案内看板にてご確認下さい.
  • プログラム:
    1. 河野 和男(大阪府茨木市): 大型甲虫類の雄生殖器形態の発生的安定性と適応的変異性 [13:15-13:45]
    2. 立田 晴記(国立環境研究所・生態リスク評価研究室): 交尾器進化を巡る仮説と交尾器変異に見られる特殊性 [13:45-14:15]
    3. 田辺 力(徳島県博)・曽田 貞滋(京大院・理): 性的コンフリクトによる交尾器のサイズ多様化と多発的種分化-ババヤスデ属の例 [14:15-14:45]
    4. 小汐 千春(鳴門教育大学・学校教育): 交尾器に働く性選択−ウスバツバメガの場合 [14:45-15:15]
    5. 総合討論 [15:15-15:30]